産婦人科を受診する|病院ごとの特色を知ろう

妊娠しやすい体づくり

女性

妊娠しやすい体づくりをするために妊活サプリを使用すると良いでしょう。このサプリには妊娠を手助けするための成分が豊富に含まれているので、健康的に胎児を育てられるのです。また、冷えや肌荒れを防ぐ効果もあります。

More Detail

漢方を使った体づくり

漢方

京都では不妊治療の際、西洋医学と併用して漢方薬を使用すると妊娠できる確率が高くなります。不妊漢方は不妊の原因を特定して、妊娠しやすい体づくりをしていくので無理なく不妊治療が行えるのです。

More Detail

自分にあった病院

病院

妊娠をしている可能性があるとき、真っ先に訪れる場所が産婦人科です。ほとんどの病院に開設されている科ですが、実はいくつかの種類があります。産婦人科の違いを知っておけば適切な病院選びができるでしょう。
産婦人科の種類は大きく分けて4つです。まず1つ目が助産院です。助産師が開業している小規模の施設で、妊娠中や出産中の医療行為ができません。また帝王切開の経験がある人も受診できない場合があります。しかし、自宅での出産に対応してもらえるので家族と一緒に出産をしたい人は受診すると良いでしょう。2つめが個人病院です。助産院に比べて規模が大きく地域に根ざしていることが特徴です。一度受診すると検診から分娩に至るまで同じ医師が担当してくれるので、細かい配慮をしてくれます。初めて出産を経験する人に向いている病院です。そして3つめが大学病院や総合病院です。ベッド数が100床を超える病院で、産婦人科以外の診療科目も豊富にあるので、万が一出産中に問題が起こったらすぐに治療を受けることができます。そのため、高齢出産の人や持病を抱えている妊婦に向いているといえます。4つめが母子医療センターです。聞き慣れない人もいるはずですが国から支援を受けていて、新生児の集中治療室などがある施設です。母子医療センターは母親と子供に命にかかわる危険が発生した場合によく利用されます。基本的には出産にリスクのある人しか受け入れてもらえません。このように、産婦人科にはそれぞれ特徴があるので、受診の際は違いを頭に入れておいて、適切な病院を見つけましょう。

血行促進を促す効果

栄養補助食品

妊活用のサプリで特に人気の商品が妊活マカです。血行促進やホルモン調整の効果があるので、夫婦で一緒に服用すると自然妊娠する確率が高くなります。購入する際は粉末の国産マカを選ぶと良いでしょう。

More Detail